うどんこのお雑煮

映画とか読書とかジャグリング。

The Raid、観賞

2011年の作品。
同年に英国王のスピーチ
キャプテン・アメリカ
猿の惑星ジェネシス
邦画では告白、アリエッティ等。

インドネシア映画です。
多分他には見たことないですね。
監督はギャレス・エヴァンス
(ギャレス・エドワーズかと思ったw)
主演はイコ・ウワウス。
スターウォーズにも出たんだ。へー。

僕の点数:65点

カンフー、ムエタイと来ている
NoCGガチアクションの系譜に入るんじゃないかと思います。
その系譜として、いい映画でした。
ただ僕はガチアクション系にそれほど思い入れが
ないためこの点数です。好きなら、見るべき。
個人的にはマッハ!は超えず、といった感じ。

トーリーは普通です。
ギャングの巣窟に乗り込んで、ブっ殺す!

アクションは、
インドネシアに伝わる殺人格闘術、
シラットが良いです。
まあ、シラット、よく知らないんですが
(;´Д`)

こんなんみたいです。

肘とナイフの使い方がキモなのかな。。。?
流れるような動きが見どころですね。

殺陣の舞台ですが盛りだくさんです。
部屋で、廊下で、
ナイフで、トンファーで、ステゴロで、
じゃんじゃか殴って切って撃ちます。
ちょっとメタルギア3を思い出しながら見てましたw

んでちょっとしたストーリー的な良さもあって、
ラストシーンは僕は結構好きです。
置かれた場所で咲きなさいみたいな。
読んでないけど。

置かれた場所で咲きなさい

置かれた場所で咲きなさい

ただ、話が進むに連れて
装備がどんどんなくなっていって
体力もガンガン減っていくので、
相対的に主人公が弱くなっていってしまって、
それに合わせて敵の装備が何故か貧弱になっていくのが
ちょっと無理あったかなと思いました。

あと主人公が強いことに
ちょっとした裏付けがあったら良かったかも。

でもそんなんどうでも良くなるくらい
アクションに力がみなぎっているので、
アクション好きな方はいいんじゃないでしょうか。