うどんこのお雑煮

映画とか読書とかジャグリング。

神の一手 鑑賞後感 復讐を誓う男のステ"碁"ロが今炸裂する...! 65点

2014年の作品。
同年にギャレス版ゴジラ
それでも夜は明ける
舟を編む風立ちぬ等。

監督はチョ・ボムグ、
主演チョン・ウソン

韓国映画
キム・ジウン監督が好きで、
Good,Bad,Weirdや
悪魔を見た等見ました。
毎回日本よりもリッチな映画を作ってて
いいなぁ(^q^) と思わされて悔しいです。

この映画はこんな感じです。

プロ棋士テソクは、
兄の頼みで一度だけ危険な
“賭け囲碁"に協力するが、
その世界の元締めサルスの一団に兄を殺され、
自身も殺人の罪を着せられて投獄されてしまう。
すべてを失ったテソクの心深くに宿るのはサルスへの復讐心。
独房の壁に碁盤を描き、
隣の独房囚人と壁越しに始めた囲碁対局で腕前を磨き、
肉体も鍛え上げていく。
やがて出所したテソクは、
盲目の天才棋士“ジーザス" 、片腕の細工師モクス、
イカサマ棋士コンスらとチームを組み、ついにサルスと対峙する。
一度は人生を諦めた男たちは、
それぞれが抱える野望を胸に、
負ければ自分が死ぬ運命の勝負に“神の一手"で挑んでいく――!!

で感想、の前に、
韓国で囲碁がどういう存在かっていうのを
ざっと調べたんで書いておきたいと思います。
Yahoo知恵袋にこんなんが。

囲碁はどうしてあんなに韓国勢が強いのですか?世界囲碁選手権では韓国が1997年... - Yahoo!知恵袋

というワケで囲碁
韓国が世界最強レベルみたいです。
プロ棋士も存在し、賭け囲碁詐欺で
捕まった人なんかもいる模様です。
超盛んなんですな。
なので路上で囲碁やってて人だかりができる、
とかいうのは
それほど荒唐無稽な設定でもなさそうですね。

んで感想なんですが、
囲碁と暴力っていう相反する
二つを上手いこと使うっていうアイデア良し、
アクションはキレがあって良し、
仲間を集めて作戦を練るっていう王道感良し、
で、いい映画でした。
少なくとも、今の日本の任侠映画が
このレベルに来ることはない
、と
思わされました。悔しい。。。!

囲碁パートは正直良くわからんかったけど、
まあいいんじゃないでしょうか\(^o^)/

テーマとして、
知と暴力の応酬っていうのがあると思うんですが、
どうしても嘘喰いと被ってしまいました。
日本でこんな感じで実写化できないかなぁ〜、
無理だろうなぁ〜って思いながら見てましたw

ちょっと荒唐無稽なテーマだけど、
それなりの脚本で、
良質なアクションが見たい人にオススメです。
ただ、結構血が出ますので注意!!





んでここからネタバレと苦言です。
注意です。。。




兄が殺され、訓練し強くなって、
冷凍庫で幹部クラスを抹殺する、
っていう所まではほぼ完璧でした。
特に冷凍庫の印象的な青。
キタノブルーのオマージュかも。。。
とか思って見てました。

でも、ちょっと終盤の流れ、
アレ脚本適当すぎでしょ。。。

結局こういう圧倒的な暴力を背景に持つ
ヤクザに対して復讐する、っていう映画では、
最終的にどうやって復讐完了するか
が一つの見せ場だと思います。
大体は、
1.暴力を使わせないようにハメる
2.相手を超える暴力を持つ
のどちらかになるかと思います。

名作Stingなんかは1に分類され、
嘘喰いは2ですかね。
でこの映画は、多分2を狙ったんだと思うんですが、、、

うーん、微妙。。。(´・ω・`)

何年かガチ訓練したヒョロガリと
複数人のヤクザが乱闘して勝つ、、、
ってヤクザこんなに弱くないでしょ。。。
義手のおっちゃんもギリギリみたいだったし。。。
お前ちょっと無策すぎでしょ。。。
ちょっと説得力が無い、、かなぁ。。。

ここで引っかかってしまうと、
僕がこういう映画に期待する、
"勝った"感が著しく損なわれてしまうんですよねぇ。
そこだけが(だけと言いつつかなり大きいんですが、)
残念でした。。。