うどんこのお雑煮

映画とか読書とかジャグリング。

両親がゲイだと子供は不幸なのか? チョコレートドーナツ観賞

泣きたい!と思ってチョコレート・ドーナツを
観ました。(病んでいる。。。)

2012年の映画。
監督はトラヴィス・ファイン。
ほぼ無名の監督と言っていいと思います。
主演はアラン・カミング
ほほぉ、この人自身もゲイなのね。
そしてギャレット・ディラハント。
あんまり知らない人ですね。。。
子供役のアイザック・レイヴァ。
本物のダウン症の方だそう。
(気になってたんだよね。)

60点。
美しい話だけどいい映画ではないかなぁと。

で、おそらく脚本があんまよろしくないんじゃねとかは
あるんだけど。

この映画みて最初に思ったのは、
ああぁ、マルコ君よ。。。
で、次が、
この話は70年代のアメリカの話だけど、
今の日本でも余裕で起こりそうな気がする。。。
ということ。

と思ってたところにこのニュース。
皆さんご存知?
大阪市が全国で初めて同性カップルを里親に認定

ざっくり解説はこちら。
日本初、男性カップルの里親誕生の意義と今後の課題

これはいいニュース。
でもこんなのはまだまだ進んでいなくて、
ていうかそもそも日本は里親っちゅうのが
認知されていないように思う。
皆さんのまわりに里親の方、いる?

多分日本でも起こるんじゃないかな。。。
とこのニュースを知った今でも
僕はそう思っています。

みんなもっと多様性を認めて
柔軟にいこうぜ。

あ、映画の評価については
多分これがいいんじゃないかなと。
70年代を体感した人じゃないと分からないのか。。。
そうかもね。。。